« 新型インフル流行後ワクチン、全国民分6カ月以内に 与党案 | トップページ | 新型インフル対策、ワクチン接種は未成年者優先 »

2008/06/11

中国の資源消費量、自国の持続的に供給できる量の2倍以上 WWF報告書

【6月11日 AFP】世界自然保護基金(World Wildlife Fund for Nature、WWF)が10日に発表した報告書によると、中国は現在、同国内の生態系が持続的に供給できる資源の2倍以上の量を消費しているという。さらに、世界の生物生産力の15%を消費していることも明らかになった。

同報告書によると、2003年の中国の平均「エコロジカル・フットプリント」は1.6ヘクタールだった。これは、国民1人が生活する上で必要とされる農耕地などの面積が1.6ヘクタールだということを意味する。

この数値は世界平均の2.2ヘクタールよりも低いものだが、「中国の人口や活発な経済発展を考慮すれば、課題が残る」という。

その上で、同報告書は「中国のエコロジカル・フットプリントが、国民1人あたり10ヘクタールを必要とする米国の水準まで上昇した場合は、中国1国が必要とする土地は地球全体の面積に及ぶ」と指摘した。

この報告書は、WWFと「中国の環境と開発に関する国際協力委員会」(China Council for International Cooperation on Environment and Development)が共同で発表したもの。

☆カテゴリー「地球環境問題・温暖化」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 新型インフル流行後ワクチン、全国民分6カ月以内に 与党案 | トップページ | 新型インフル対策、ワクチン接種は未成年者優先 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/41504972

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の資源消費量、自国の持続的に供給できる量の2倍以上 WWF報告書:

« 新型インフル流行後ワクチン、全国民分6カ月以内に 与党案 | トップページ | 新型インフル対策、ワクチン接種は未成年者優先 »