« 全世界の病気、10件に1件は「安全な水を利用できない」ことが原因 WHO | トップページ | 未来へようこそ Welcome to the Future (Green.tv) »

2008/06/29

北極の氷、今年の夏は消滅する可能性高いと 米研究者

地球温暖化の影響で北極の氷は今年の夏、9月までに消滅する可能性が非常に高いと、米国の研究者が警告した。この夏の北極圏の氷を左右するのは今後数週間の天候次第で、氷が残るか消滅するかは五分五分の可能性だとしている。

米国立雪氷データセンターの研究者マーク・セリーズ博士によると、北極圏の氷はここ数年でどんどんと薄くなり、昨年の夏には観測史上、最も薄い状態になった。そのため、これまで流氷や氷山のため使えなかった北西航路が、砕氷船なしで航行可能になっていたという。

また、数年前までは、夏に北極の氷が消滅するのは2050年から2100年ごろと考えられていた。最近ではこの予測が2030年ごろと見直されたが、現実にはこれを上回る速度で氷が減少していると指摘している。

過去数十年で北極の氷は徐々に減ってきているが、進行している急激な減少は周期的なものではなく、地球温暖化の影響が強いとしている。

さらに、低温な気候が数年続けば、一時的に氷の量が回復することはあるかもしれないが、現在の状況が続けば、北極から氷が消滅することは避けられないという。

(CNN 6/28)

☆カテゴリー「地球環境問題・温暖化」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 全世界の病気、10件に1件は「安全な水を利用できない」ことが原因 WHO | トップページ | 未来へようこそ Welcome to the Future (Green.tv) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/41676787

この記事へのトラックバック一覧です: 北極の氷、今年の夏は消滅する可能性高いと 米研究者:

« 全世界の病気、10件に1件は「安全な水を利用できない」ことが原因 WHO | トップページ | 未来へようこそ Welcome to the Future (Green.tv) »