« ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団、貧困国の農業開発プロジェクトは「女性」を重視 | トップページ | クラゲの大発生は生態系破壊の予兆 »

2008/06/26

バルト海の酸欠海域が拡大、生態系崩壊の危機 WWF

【6月25日 AFP】世界自然保護基金(World Wildlife Fund、WWF)は23日、酸素が欠乏し生物が生存できない「海のデッドゾーン」と呼ばれる酸欠海域の拡大で、バルト海(Baltic Sea)の生態系が崩壊する恐れがあると警告した。

WWFスウェーデン事務所のLasse Gustavsson所長は声明で、「バルト海で酸欠海域が拡大を続ければ、生態系全体が完全に崩壊する恐れがある」と指摘した。

植物の成長を促す窒素やリンなどの栄養素が、農業用水などの排水に含まれて海に過剰に流れ込むと、藻類などの生物が大量繁殖する。死んだ藻類が海底に沈むと、それを分解するバクテリアが海中の酸素をすべて摂取し尽くし、生命が死滅する。このプロセスを富栄養化と呼ぶ。

WWFによると1995年以降、世界中の酸欠海域の数は、44から169か所に急増している。世界資源研究所(World Resources Institute)の統計によると、前年の世界での酸欠海域は、スウェーデンの耕作可能地の2倍、約7万平方キロに及ぶという。

また、最大酸欠海域10か所のうち、7か所がバルト海にあり、バルト海は長い間、環境的な大惨事の危機に瀕していると考えられてきた。半閉鎖海のバルト海から有毒・有害物質を完全に取り除くためには、ほかの大きな海域よりもはるかに年月がかかると見られており、2004年には特に保護が必要な特定の水域(Particularly
Sensitive Sea Area、PSSA)に指定された。

WWFは声明で、バルト海周辺地域からの排水、特に農業用水の排出削減に向けた、迅速かつ断固とした措置を求めた。

☆カテゴリー「地球環境問題・温暖化」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団、貧困国の農業開発プロジェクトは「女性」を重視 | トップページ | クラゲの大発生は生態系破壊の予兆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/41649432

この記事へのトラックバック一覧です: バルト海の酸欠海域が拡大、生態系崩壊の危機 WWF:

« ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団、貧困国の農業開発プロジェクトは「女性」を重視 | トップページ | クラゲの大発生は生態系破壊の予兆 »