« ケニアのマータイ氏、「タナ川デルタ」のバイオ燃料用サトウキビ畑転用計画に警告 | トップページ | 地球温暖化で腎臓結石患者が増加する、米大研究が予測 »

2008/07/16

世界の森林にも迫る、食糧不足と燃料危機

【7月15日 AFP】世界の森林に住む人々の権利を拡大しない限り、高まる一方の食糧と燃料需要に、地球上の森林は飲み込まれてしまう――このような警鐘を鳴らす報告書が14日発表された。

報告書を発表したのは米国に拠点を置く森林ガバナンスや環境保全を追求する団体の国際的な連合体、Rights and Resources Initiative(RRI)。広範囲に及ぶ森林破壊によって気候温暖化がより深刻化し、森林に依存して暮らす世界の10億人前後の貧困が加速し、紛争の原因になりうると指摘した。

RRIでは、森林の喪失とそれがもたらす結果を回避するためには、国際社会が森林地域に暮らす貧困層の権利拡大に取り組まなければならないと結論付けている。

報告ではまた、食糧やバイオ燃料、木材の生産のためには、2030年までに5億1500万ヘクタールの土地が必要だとしている。この広さは現在利用可能な土地の2倍で、ドイツ国土の12倍に相当するという。

☆カテゴリー「地球環境問題・温暖化」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« ケニアのマータイ氏、「タナ川デルタ」のバイオ燃料用サトウキビ畑転用計画に警告 | トップページ | 地球温暖化で腎臓結石患者が増加する、米大研究が予測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/41847709

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の森林にも迫る、食糧不足と燃料危機:

« ケニアのマータイ氏、「タナ川デルタ」のバイオ燃料用サトウキビ畑転用計画に警告 | トップページ | 地球温暖化で腎臓結石患者が増加する、米大研究が予測 »