« オーストラリア 深刻化する干ばつ被害 | トップページ | ケニアのマータイ氏、「タナ川デルタ」のバイオ燃料用サトウキビ畑転用計画に警告 »

2008/07/15

ロシア科学者、氷山上の北極観測所から避難へ 温暖化で溶解

モスクワ(AP) 北極南極研究所は14日までに、北極圏の氷山上に開設した観測所から、科学者21人を予定より早く避難させると発表した。地球温暖化の影響で、氷山が溶解する恐れがあるためだという。

セヴェルナヤ・ゼムリャ諸島近くにある、大きさ2キロ×8キロの氷山上に設置された北極第35観測所には、昨年9月初めから科学者21人とイヌ頭が滞在。撤退時期は約1年後の今年8月下旬だった。

しかし、約2500キロを移動している最中に、氷山の大きさが300メートル×600メートルまでに縮んでしまっため、予定を早めて撤退することになった。

現在、原子力氷砕船に導かれた研究船が氷山に向かっており、科学者らは片付けに追われている。

北極南極研究所は、「地球温暖化が原因による避難だ」としている。

☆カテゴリー「地球環境問題・温暖化」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« オーストラリア 深刻化する干ばつ被害 | トップページ | ケニアのマータイ氏、「タナ川デルタ」のバイオ燃料用サトウキビ畑転用計画に警告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/41838532

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア科学者、氷山上の北極観測所から避難へ 温暖化で溶解:

« オーストラリア 深刻化する干ばつ被害 | トップページ | ケニアのマータイ氏、「タナ川デルタ」のバイオ燃料用サトウキビ畑転用計画に警告 »