« 新型インフル:国内上場企業の過半数が対策の予定なし | トップページ | UNEP 2007年・2008年も持続可能なエネルギーへの投資額は増加中 »

2008/07/09

ペリト・モレノ氷河が初めて冬に崩落、温暖化の影響か

【7月9日 AFP】南米アルゼンチン・パタゴニア(Patagonia)の人気観光スポットの1つペリト・モレノ(Perito Moreno)氷河で、冬としては初めて氷河が崩落する見込みだという。地球温暖化の影響が指摘されている。科学者や環境活動家が8日に発表した。

ペリト・モレノ氷河の高さ60メートルの氷壁は1年から数年の周期でアルゼンチン湖(Lake Argentina)に崩落するが、これまでは夏にしか発生していなかった。

国立公園の責任者Carlos Corvalan氏は「氷河が冬に崩落するのは初めて。地球温暖化に関連し、気温上昇が氷の崩落に影響を及ぼした可能性がある」と話した。

ペリト・モレノは世界最大級の氷河で、全長275キロ、終端部の幅は5キロ。アルゼンチンの首都ブエノスアイレス(Buenos Aires)の南東2800キロに位置する。

☆カテゴリー「地球環境問題・温暖化」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 新型インフル:国内上場企業の過半数が対策の予定なし | トップページ | UNEP 2007年・2008年も持続可能なエネルギーへの投資額は増加中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/41789921

この記事へのトラックバック一覧です: ペリト・モレノ氷河が初めて冬に崩落、温暖化の影響か:

« 新型インフル:国内上場企業の過半数が対策の予定なし | トップページ | UNEP 2007年・2008年も持続可能なエネルギーへの投資額は増加中 »