« ロシア富豪プロホロフ氏、世界一の豪邸「旧ベルギー王宮」を購入 | トップページ | ホントに切り札? 温暖化ガス、国内で地中貯留 »

2008/08/19

メタンハイドレート パンドラの箱にならないか?

◇次世代燃料メタンハイドレート、12年度に海洋試掘 経産省方針

経済産業省は19日、次世代エネルギーとして期待されるメタンハイドレートを巡る「開発実施検討会」を開いた。2012年度に日本近海での海洋産出試験に初めて乗り出し、18年度以降の商業化をめざすことを確認した。海洋試験では周辺の環境に与える影響についても調査する。

メタンハイドレートは天然ガスの成分にあたるメタンが低温・高圧の状態で、水の分子にシャーベットのようにとじ込められている。原油価格が高止まりするなかで石油製品の代替燃料として注目されており、この先の開発計画をまとめた。

主な調査対象としている「静岡県沖―和歌山県沖」の海域だけでも天然ガス換算で、国内消費量の14年分弱の埋蔵量があると見込む。09年度からの3年間は米アラスカなどで陸上産出試験を実施する。同時に海洋産出試験に向けた技術的な課題を整理し、12年度にも日本近海での試掘に踏み切る予定だ。海洋試験の水深は1000メートル前後とみられ、生態系や地層などに影響がないかどうかも調べる。

(日経 8/19)

☆カテゴリー「地球環境問題・温暖化」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« ロシア富豪プロホロフ氏、世界一の豪邸「旧ベルギー王宮」を購入 | トップページ | ホントに切り札? 温暖化ガス、国内で地中貯留 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/42217114

この記事へのトラックバック一覧です: メタンハイドレート パンドラの箱にならないか?:

« ロシア富豪プロホロフ氏、世界一の豪邸「旧ベルギー王宮」を購入 | トップページ | ホントに切り札? 温暖化ガス、国内で地中貯留 »