« 空中菌を除去するイオン発生機、H5N1にも有効 | トップページ | グリーンランドの氷床は数百年以内に消滅か »

2008/09/03

「21世紀末には氷河が消滅」、国連環境計画が警告

国連環境計画(UNEP)は1日、地球温暖化が予測された速度で進めば、21世紀末までには地球上から氷河が消滅すると警告する報告書を発表した。 

これまでも地球は周期的な退氷期を経験してきたが、北極から中央ヨーロッパや南米大陸に至るまで現在起こっている現象は、周期的性質のものではなく、全く異なるものだという。

報告書によると、1996年から2005年の10年間で、1986年から1995年の倍、1976年から1985年の10年と比較しては4倍以上も氷河が消滅しているという。

UNEPの報告書発表に先立ち、米国の科学者らがグリーンランド(デンマーク領)の氷床が急速に溶解し、地球上の海岸線の多くが水没する可能性を除外できないと発表している。

【9月2日 AFP】

☆カテゴリー「地球環境問題・温暖化」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 空中菌を除去するイオン発生機、H5N1にも有効 | トップページ | グリーンランドの氷床は数百年以内に消滅か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/42363807

この記事へのトラックバック一覧です: 「21世紀末には氷河が消滅」、国連環境計画が警告:

« 空中菌を除去するイオン発生機、H5N1にも有効 | トップページ | グリーンランドの氷床は数百年以内に消滅か »