« インド東部で洪水被害拡大 食糧不足の懸念も | トップページ | アマゾンの森林消失7割増 1年間で東京都の3.8倍 »

2008/09/01

シベリアの永久凍土がメタンガスを放出、温暖化加速の不安要因に

温室効果ガスの一種で太陽熱の捕捉効率が二酸化炭素よりも20倍以上高いメタンが、シベリアの永久凍土から放出されている。スウェーデンのダーゲンス・ニュヘテル(Dagens Nyheter)紙が30日伝えた。

それによると、シベリア調査隊「International Siberian Shelf Study」がラプテフ海(Laptev Sea)と東シベリア海(East Siberian Sea)を測定したところ、水面付近と水面下で高濃度のメタンガスが検出されたという。水面下で濃度が高くなっていることから、永久凍土から漏れ出していることは明らかだという。

スウェーデンから参加したグスタフソン(Oerjan Gustafsson)隊長は、「シベリアの永久凍土には(メタンを噴出する)小さな穴がいくつもできている」と語った。

以前から専門家らは、地球温暖化でシベリアの永久凍土がとけ出し、中に封じ込められていたメタンが大気中に大量に放出される可能性を示唆していた。

【9月1日 AFP】

☆カテゴリー「地球環境問題・温暖化」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« インド東部で洪水被害拡大 食糧不足の懸念も | トップページ | アマゾンの森林消失7割増 1年間で東京都の3.8倍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/42351484

この記事へのトラックバック一覧です: シベリアの永久凍土がメタンガスを放出、温暖化加速の不安要因に:

« インド東部で洪水被害拡大 食糧不足の懸念も | トップページ | アマゾンの森林消失7割増 1年間で東京都の3.8倍 »