« グリーン経済が数千万件のグリーン雇用を生み出す | トップページ | エネルギーと金融が出会うところ »

2008/10/03

北極海の海氷 観測史上2番目の小ささに

今年(2008年)も、北極海の海氷域が融解最小時期を迎えた。

Hokkyoku_20080923
昨年9月に観測された最小面積記録(425.5万km2)には及ばかったが、それでも過去2番目に小さい面積(9月9日の470.8万km2)にまで今年も縮小した。

図1は、2008年9月23日にAMSR-Eが観測した海氷分布の様子。図2は2002年以降一日毎に観測された海氷面積の季節変化の様子を、年毎に色別の線で示している。昨年(橙色の線)は、7月上旬から過去に例を見ない急激な減少傾向を示し、観測史上の最小面積記録を大幅に更新した。

Hokkyoku_kisetsuhendou
一方、今年(赤線)は、8月上旬までは2005、2006年と同様の面積で推移したが、例年だと減少のペースが鈍ってくる8月中旬を過ぎても、今年はペースが落ちなかった。その結果、2008年9月9日には、昨年記録された最小面積記録まであと日本列島約1つ分まで迫る小ささにまで縮小した。これは、一つ前の最小記録である2005年9月の海氷分布と比べても、日本列島1.6個分も小さい面積に相当する。

今年の面積は、9月9日に最小を記録して以後、2週間近くも横ばいの状態を続けてきたが、秋分を過ぎ、海氷縁辺部の結氷が始まったこともあり、面積は増加に転じる見込みだ。

(日経エコロミー 10/2)

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« グリーン経済が数千万件のグリーン雇用を生み出す | トップページ | エネルギーと金融が出会うところ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/42666652

この記事へのトラックバック一覧です: 北極海の海氷 観測史上2番目の小ささに:

« グリーン経済が数千万件のグリーン雇用を生み出す | トップページ | エネルギーと金融が出会うところ »