« BNPパリバの欧州的な「良き企業」の理念 | トップページ | 石けんでの手洗いで子どもの死亡半減、15日は「グローバル・ハンドウォッシング・デイ」 »

2008/10/15

中国でヒ素入りの汚水、農業従事者ら皮膚病に

中国中部の湖北(Hubei)省で、不法操業していた金属精錬所からヒ素やカドミウムなどの有毒物質で汚染された水が排出され、農業従事者が皮膚病になったり、作物が腐ったりするなどの被害を引き起こしている。中国の英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)が15日、報じた。

湖北省にある13か所の金属精錬所は、2006年に当局により閉鎖されていたが、今年になって不法に再開していたところを、今週になって再度閉鎖された。

チャイナ・デーリーによると、人口150万人の同省監利(Jianli)では、工場から流れ出た汚水が原因で、農業従事者が重度の発疹など皮膚病に苦しんでいるという。

これらの工場は、ヒ素やカドミウムなどが混じった汚水を不法に川に排出していたが、その水が綿畑などの耕作地で使用されていた。

農家の1人は「綿は腐らせておくしかない」と話している。「ひとたび畑に入ると、体中がかゆくなる。皮膚が腫れて腐ってくる」という。

ヒ素とカドミウムは共に、人体にがんなどの死に至る可能性もある症状を引き起こす。

【10月15日 AFP】

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« BNPパリバの欧州的な「良き企業」の理念 | トップページ | 石けんでの手洗いで子どもの死亡半減、15日は「グローバル・ハンドウォッシング・デイ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/42800802

この記事へのトラックバック一覧です: 中国でヒ素入りの汚水、農業従事者ら皮膚病に:

« BNPパリバの欧州的な「良き企業」の理念 | トップページ | 石けんでの手洗いで子どもの死亡半減、15日は「グローバル・ハンドウォッシング・デイ」 »