« 土壌のCO2:温暖化で次々と大気中に? 微生物活発化で | トップページ | 改造した免疫細胞で小児がん治療に効果、米研究チーム »

2008/11/02

首都の水需要の7割まかなう氷原、50年以内に消滅の恐れ チリ

チリ公共事業省水資源総局は1日、首都サンティアゴ(Santiago)市で使用する水の7割を供給している氷原が、今後50年以内に消滅する恐れがあると警告した。

同総局がまとめたチリの氷河に関する報告書によると、エチャウレン(Echaurren)氷原は毎年最大12メートルずつ後退しているという。

エチャウレン氷原は農業用水も供給しているマイポ(Maipo)川やその支流の水源で、サンティアゴ一帯の主要な水がめになっている。現在の速度で氷原が減少した場合、エチャウレン氷原や、サンティアゴ付近の小規模な氷河は50年以内にすべて消滅することになる。

水資源総局のアントニオ・ベルガラ(Antonio Vergara)氏は、水不足が起きた場合、新たな水資源を求めてチリ中部で大規模な人口移動が起きる可能性もあると警告した。

首都サンティアゴの東50キロ、アンデス山脈の西側斜面にあるエチャウレン氷原は世界でもっともよく調査された氷河の1つで、ベルガラ氏によれば「世界の気候変動研究における象徴的な存在」になっているという。

【11月2日 AFP】

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 土壌のCO2:温暖化で次々と大気中に? 微生物活発化で | トップページ | 改造した免疫細胞で小児がん治療に効果、米研究チーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/42989456

この記事へのトラックバック一覧です: 首都の水需要の7割まかなう氷原、50年以内に消滅の恐れ チリ :

« 土壌のCO2:温暖化で次々と大気中に? 微生物活発化で | トップページ | 改造した免疫細胞で小児がん治療に効果、米研究チーム »