« 気象庁 アジア地域の気候変動に対する適応能力を強化へ | トップページ | 新型インフル、電話でタミフル処方 専門家会議が指針案了承 »

2008/11/20

イギリス NGOの環境活動を支援する新基金創設

イギリス環境・食糧・農村地域省は、11月3日、同省の第三セクター戦略(ボランタリー・セクター戦略)を打ち出すとともに、イングランド内のNGO等の環境保全活動を支援する600万ポンド規模の新基金を創設することを発表した。
 
この「環境に配慮した生活基金(The Greener Living Fund)」は、市民や地域コミュニティによるカーボンフットプリントの削減、環境にやさしいライフスタイルの選択といった環境対策を促進する団体を支援するもの。2008年中に申請を募集し、2009年4月から2011年3月まで補助金を提供する。対象は国内でプロジェクトを行なう団体で、他の第3セクター団体との、または企業、公的機関とのパートナーシップで行なってもよい。
 
なお、同日発表された、第三セクター戦略の主な内容は以下のとおり。

●環境、食糧、農村地域分野の政策の立案・実施に当たり、第三セクター(ボランタリー・セクター)が参加する機会を設ける。

●第三セクターとの協働の仕方を、どのように改善するかについての約束。

●同省と第三セクターが協働する方法について、大臣や幹部にアドバイスを提供するハイレベルの諮問委員会を設置すること。

●国内の5つの社会事業団体と新たな社会事業戦略パートナーシップを構築する。

●廃棄物・資源行動プログラム(WRAP)、環境庁、ナチュラル・イングランド、森林委員会などの団体と連携して活動する約束。

●リージョンや地方自治体レベルで、この戦略とどのように連携できるか検討するため、リージョン内の行政機関、第三セクター関係者等と提携すること。

【イギリス環境・食糧・農村地域省】

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 気象庁 アジア地域の気候変動に対する適応能力を強化へ | トップページ | 新型インフル、電話でタミフル処方 専門家会議が指針案了承 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/43168336

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス NGOの環境活動を支援する新基金創設:

« 気象庁 アジア地域の気候変動に対する適応能力を強化へ | トップページ | 新型インフル、電話でタミフル処方 専門家会議が指針案了承 »