« アマゾン地域の森林伐採率、約4%上昇 | トップページ | 高級ホテルに泊まり人間ドック受診 JTB、富裕層取り込み »

2008/11/30

石油185億トン相当の「メタンハイドレート」南シナ海に…中国調査

新たなエネルギー源として注目されているメタンハイドレートの南シナ海北部海底での埋蔵量が石油185億トンに相当することが、中国の国土資源省の調査でわかった。

中国国営新華社通信が28日、同省の専門家の話として伝えたもので、中国が南シナ海で確認している石油・天然ガスの埋蔵量の6倍に相当するという。

中国政府は昨年5月、南シナ海の北部海底でメタンハイドレートの試料採取に成功、「調査研究が世界先進レベルに達した」と強調していた。今後、目標区域を設定し、試験採掘を行う準備に入る。準備には数年かかる見通しだという。

ただ、スプラトリー(南沙)、パラセル(西沙)両諸島がある南シナ海では、中国、ベトナムなどが領有権を争っており、中国の採掘準備が具体化すれば、資源獲得をめぐる各国の争いが激化する可能性もある。

(読売 11/30)

◇メタンハイドレートの二面性:「新エネルギー」+「温暖化を激化させる脅威」

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« アマゾン地域の森林伐採率、約4%上昇 | トップページ | 高級ホテルに泊まり人間ドック受診 JTB、富裕層取り込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/43278673

この記事へのトラックバック一覧です: 石油185億トン相当の「メタンハイドレート」南シナ海に…中国調査:

« アマゾン地域の森林伐採率、約4%上昇 | トップページ | 高級ホテルに泊まり人間ドック受診 JTB、富裕層取り込み »