« 世界初の量産プラグイン車 中国メーカーが発売 | トップページ | 自然災害による損害が地震を上回る勢い »

2008/12/19

グリーンランドの氷河縮小、NASA観測

【12月19日 AFP】米国航空宇宙局(NASA)は、地球観測衛星に搭載されたセンサー「中分解能撮像分光放射計(Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer、MODIS)」が2000年と2008年に観測した、グリーランド北西部のフンボルト氷河(Humboldt Glacier)の急速な縮小を示す画像を公表した。

フンボルト氷河は、リンカーン海(Lincoln Sea)とバフィン湾(Baffin Bay)とを結ぶネアズ海峡(Nares Strait)のケーン湾(Kane Basin)沿いに広がる全長90キロの北半球最大の潮水氷河で、Sermersuaq氷河とも呼ばれる。陸地から始まって海中まで続いていており、ネアズ海峡の氷山を形成する主要な氷原となっている。

MODISが観測した2つの画像を比べてみると、フンボルト氷河南部には、8年間でほとんど変化が見られないが、北部は縮小が著しく、ケーン湾に勢いよく流れ込む氷流が確認できる。いずれの画像でも、濃い青色で示されたケーン湾の海水に、氷山や海氷とみられる氷が散乱しているのが分かる。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 世界初の量産プラグイン車 中国メーカーが発売 | トップページ | 自然災害による損害が地震を上回る勢い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/43468968

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンランドの氷河縮小、NASA観測:

« 世界初の量産プラグイン車 中国メーカーが発売 | トップページ | 自然災害による損害が地震を上回る勢い »