« 米金融の損失81兆円超 民間推計、金融危機で | トップページ | 新型インフル流行時の電車実証実験 »

2008/12/21

Power Down!! ~解決策を考えよう

Green.TV Japan から気候変動を紹介しながら、パワーダウンという解決法を提案する番組。

Power Down!! ~解決策を考えよう

"Power Down"という言葉は、直訳すると「パワーを落とそう」。今回紹介するのは、気候変動を紹介しながら、パワーダウンという解決法を提案する番組です。紹介してくれるのはイギリスの子どもたち。気候変動とは何か、その原因、気候変動によって世界で何が起こっているか(特にインドの洪水の事例を紹介)、解決策、そして私たちができることを、子どもも大人も分かるように順を追って分かりやすく説明しています。

番組を制作したのは、イギリスのAction Aidという団体です。17万5000人以上のサポーターを持つ団体で、世界の最も貧しい人々とパートナーシップを組み、人権を保護し、貧困から抜け出して人間的な生活ができるように支援しています。この番組のテーマ「パワーダウン」は、Action Aidのキャンペ?ンの1つで、世界の最も貧しい人々が気候変動からどのような影響を受けているかを紹介したり、気候変動が原因で起きた洪水やハリケーンの影響を受けたバングラデシュやインド、ガーナなど7カ国の支援をおこなったりしています。この番組もキャンペーンの一環として作られたもので、他にも学校の授業で使えるキットを無料で配ったりしています。

番組の中で特に衝撃的なのは、インドの映像。気候変動によって起こった洪水でどんな大変な目にあっているのかを、インド人の子どもが紹介しているのですが、雨が10?15日もずっと降り続け、家が流され、どこに行ってもひざまで水浸しになってしまう状況です。これはまだ序章に過ぎず、このままCO2排出量が増え続け、気候変動が深刻化すればするほど、このような被害が世界的に広がる、と科学者は予測しています。

とはいえ、この番組は恐ろしい未来を描かせるためだけのものではありません。原因であるCO2排出量を減らす為に、世界規模でできるCO2を出さない風力発電や太陽光発電などの発電方法への転換や、エネルギーのムダの多い電球の規制などの解決策も紹介しています。また、家や学校でできる、電気を使わない時は消すなどの「パワーダウン」の方法も提案しています。みんなが影響を受ける気候変動について、原因と対策が誰でも分かるかたちでまとまった番組なので、ぜひまわりの人と一緒に見てください。

【執筆】阿久津 美穂(Slow Media Works)

<関連webサイト>
● Action Aidのパワーダウンのキャンペーンページ(英語)

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 米金融の損失81兆円超 民間推計、金融危機で | トップページ | 新型インフル流行時の電車実証実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/43488648

この記事へのトラックバック一覧です: Power Down!! ~解決策を考えよう:

« 米金融の損失81兆円超 民間推計、金融危機で | トップページ | 新型インフル流行時の電車実証実験 »