« アブダビ、再生エネルギー依存7%へ | トップページ | 大気汚染の改善で寿命が平均5か月延びた、全米51都市の研究 »

2009/01/22

南極大陸でも温暖化確認、10年に0・1度ずつ気温上昇

Nankyoku_ondanka_20090122_2
南極大陸でも温暖化が進んでいることが、米ワシントン大などの研究でわかった。

これまで南極大陸全体での気温上昇はとらえられておらず、地球温暖化の影響が確認されていない唯一の大陸とみられていた。

成果は22日発行の英科学誌ネイチャーに掲載される。

研究チームは南極観測が始まった1957年以降の50年間の気象データと、観測衛星のデータを組み合わせ、測候所がない内陸部の気温の変動も類推した。その結果、西南極(南極大陸西部地域)での温暖化が顕著で、大陸全体にならしても平均気温が10年で0・1度ずつ上昇していた。

従来、各国の基地が集中している南極半島で温暖化が観測されていたが、東南極には気温が低下している地域もあり、大陸全体の状況は不明だった。

(読売 1/22)

【1月22日 AFP】米ワシントン大学(University of Washington)などの研究チームは21日、地球温暖化が南極大陸全体に影響を及ぼしているとの研究論文を英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表する。

これまで一般的には、南極の温暖化は主に南極半島(Antarctic Peninsula)で起きており、南極点上空のオゾンホールによる季節的な冷却作用により全体的な氷床の温度はわずかながら低下し、厚さも増えている可能性があると考えられてきた。しかし今回の研究はこの見方を否定するものだ。

研究によると、過去50年間の南極大陸全体の平均気温は温室効果によって上昇しており、西南極では過去50年間で10年ごとに気温が0.17度ずつ上昇しているという。10年ごとの平均気温の上昇が0.11度の南極半島を上回る温暖化のペースだ。

一方、東南極では、1970年から2000年の間に大きく気温が下がった時期があったが、これはオゾンホールによるもので、過去50年にさかのぼると、全体として東南極も10年ごとに平均0.1度ずつ気温が上昇している。研究者らは「注目すべき気温上昇だ」と指摘している。

南極大陸で大規模な氷床の融解が起きれば、沿岸部の都市やデルタ地帯は水没する可能性がある。南極大陸はオーストラリアよりも大きく、すべての氷が溶ければ世界の海水位が57メートル上昇するという。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« アブダビ、再生エネルギー依存7%へ | トップページ | 大気汚染の改善で寿命が平均5か月延びた、全米51都市の研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/43824129

この記事へのトラックバック一覧です: 南極大陸でも温暖化確認、10年に0・1度ずつ気温上昇:

« アブダビ、再生エネルギー依存7%へ | トップページ | 大気汚染の改善で寿命が平均5か月延びた、全米51都市の研究 »