« 司法当局がバンカメCEOに召喚状、メリルリンチの巨額ボーナス | トップページ | スプーン1杯の砂糖でマラリアの子ども数千人を救える可能性も!? »

2009/02/22

グーグル・アースでCO2排出量の分布図、米研究チームが公開

【2月21日 AFP】米パデュー大学(Purdue University)率いる専門家チームは19日、米インターネット検索大手グーグル(Google)の衛星画像サービス「グーグル・アース(Google Earth)」を利用した、全米での化石燃料からの二酸化炭素(CO2)排出量の分布を示す地図を公開した。

この高解像度の地図は、石炭やガソリンなどの燃焼で排出される住宅地および商業地域のCO2量をトン単位で、州や郡ごと、また一人当たりで示す。

このプロジェクトは、ローマ神話の火の神から「ウルカヌス(バルカン、Vulcan)」と名づけられ、完成には3年を要した。

航空機、商業、電力生産、工業、住宅、交通など分野別の排出量も表示することができる。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 司法当局がバンカメCEOに召喚状、メリルリンチの巨額ボーナス | トップページ | スプーン1杯の砂糖でマラリアの子ども数千人を救える可能性も!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/44135808

この記事へのトラックバック一覧です: グーグル・アースでCO2排出量の分布図、米研究チームが公開:

« 司法当局がバンカメCEOに召喚状、メリルリンチの巨額ボーナス | トップページ | スプーン1杯の砂糖でマラリアの子ども数千人を救える可能性も!? »