« 三井住友銀行、エフピコに「SMBC環境配慮評価融資」を実施 | トップページ | 南極・北極の氷床は予想を上回るペースで縮小、世界気象機関 »

2009/02/25

クラゲ、世界で大発生 水質汚染、魚乱獲が一因

漁業などに深刻な被害を及ぼすクラゲの大量発生が近年、世界各地で続発、水質汚染や魚の乱獲といった海の環境破壊が引き金になっているとの報告書を全米科学財団の研究チームが22日までにまとめた。

毎年のようにエチゼンクラゲが大発生する日本海も主要発生地の1つに数えられ、「直径2メートルを超えるクラゲによって、2000万ドル(約18億6000万円)以上の漁業被害が出ている」とされた。

報告書は、汚染でクラゲ以外の生物がほとんど生息できなくなった海域が世界に400カ所以上、計25万平方キロに達すると指摘。

海洋汚染のほか、クラゲの幼生を食べる魚などが乱獲で少なくなったことが大発生につながっているとして、報告書は海の生態系保全対策の強化を各国政府に求めた。

報告書によると、クラゲの大発生がよく起きる海域は黒海や地中海、米国のハワイ沿岸やメキシコ湾、東海岸のチェサピーク湾など少なくとも世界に14カ所存在。

黒海では、船を安定させるためにタンクに入れる「バラスト水」に交ざって運ばれた外来種のクシクラゲの一種が繰り返し大発生。海水1立方メートル中にこぶし大のクラゲが1000匹以上も繁殖し、観光業や漁業に与える損害は3億5000万ドルに達するという。

海水浴や漁業でクラゲに悩まされている人は世界で毎年1億5000万人おり、米フロリダ州では年間20万人がクラゲに刺されているという。

報告書は、自然に起こる大発生も一部にはあるが、多くは、河川や海洋の乱開発による環境破壊やバラスト水などが原因の外来種など、人間活動の結果によるものだとしている。

〔共同 2/22〕

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 三井住友銀行、エフピコに「SMBC環境配慮評価融資」を実施 | トップページ | 南極・北極の氷床は予想を上回るペースで縮小、世界気象機関 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/44177270

この記事へのトラックバック一覧です: クラゲ、世界で大発生 水質汚染、魚乱獲が一因:

« 三井住友銀行、エフピコに「SMBC環境配慮評価融資」を実施 | トップページ | 南極・北極の氷床は予想を上回るペースで縮小、世界気象機関 »