« 韓国・現代重工業、ロシア極東の大農場取得へ | トップページ | 海面急上昇、100年以内の可能性「非常に高い」 メキシコ研究 »

2009/04/15

EU 地球温暖化への適応に関する白書を公表

欧州委員会は、地球温暖化に弾力的に対応する力(レジリエンス)を強化するために必要な活動を示す白書を発表した。
 
最近の知見によると、気候変動の影響は、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の2007年の報告よりも早く、かつ、より深刻に現れるという。欧州はこうした影響から逃れることはできず、これに対応する準備をしなければならない。気候変動の影響は地域によって異なるため、適応措置のほとんどは国レベル・地域レベルで行われる必要がある。今回、発表された枠組は、EUが気候変動の影響に適応するための二段階の戦略的アプローチを構築しするもので、各国の対応を補足する。
 
戦略の第1段階は2012年まで実施され、2013年以降の包括的なEUの適応戦略の基礎を準備する。気候変動への理解を深め、採りうる適応措置を増やすこと、また、どのようにEUの重要な政策に適応措置を組み込むかという点に重点が置かれている。
 
最上の適応措置を決定するためには、確固たる科学的・経済的分析を基礎にしなければならないが、情報の内容や利用可能性は地域により大きく異なる。白書では、気候変動のリスク、影響、及び最善の慣行に関する情報を交換するクリアリングハウス・メカニズムの必要性が指摘されている。

【欧州委員会環境総局/EICネット 4/14】

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 韓国・現代重工業、ロシア極東の大農場取得へ | トップページ | 海面急上昇、100年以内の可能性「非常に高い」 メキシコ研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/44673165

この記事へのトラックバック一覧です: EU 地球温暖化への適応に関する白書を公表:

« 韓国・現代重工業、ロシア極東の大農場取得へ | トップページ | 海面急上昇、100年以内の可能性「非常に高い」 メキシコ研究 »