« 新型インフルエンザ、致死性の変異型に免疫となる可能性も 米研究 | トップページ | タミフル565万人分を寄付 スイス製薬大手ロシュ、WHOに »

2009/05/09

ブラジルで干ばつ深刻、世界遺産「イグアスの滝」も水枯れの危機

【5月8日 AFP】ブラジル南部が80年ぶりの深刻な干ばつに襲われ、有名な「イグアスの滝(Igauzu falls)」にも影響が出ている。

ブラジルとアルゼンチンの2国にまたがる巨大な馬蹄の形をしたイグアスの滝は、1984年に国連教育科学文化機関(ユネスコ、UNESCO)の世界遺産(自然遺産)に登録された名所だが、同国テレビ局グロボ(Globo)によると、水量は通常の3分の1に減り、岩肌が見えるほどだという。
 
ブラジル南部を襲った干ばつは過去80年で最大の被害を出しており、当局は複数の地域で非常事態宣言を出した。一方、通常は乾燥している同国北東部は、洪水に見舞われている。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 新型インフルエンザ、致死性の変異型に免疫となる可能性も 米研究 | トップページ | タミフル565万人分を寄付 スイス製薬大手ロシュ、WHOに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/44946221

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルで干ばつ深刻、世界遺産「イグアスの滝」も水枯れの危機:

« 新型インフルエンザ、致死性の変異型に免疫となる可能性も 米研究 | トップページ | タミフル565万人分を寄付 スイス製薬大手ロシュ、WHOに »