« 国際協力銀、海外展開の中小支援 30億ドル規模融資 | トップページ | 21世紀末の日本、温暖化放置なら被害年間17兆円の試算 »

2009/05/29

気候変動で家畜の病気が増加、人間への危険も 国際獣疫事務局

【5月28日 AFP】気候変動は家畜の間にウイルス性疾患をまん延させ、人間にとっても危険な病原菌を拡散させている――。パリ(Paris)に本部を置く国際獣疫事務局(World Organisation for Animal Health、OIE)は27日、このような報告書を発表した。

報告書によると、加盟国126か国に対する調査で、気候変動が動物の健康に及ぼすと思われる影響を「非常に憂慮している」と回答した国は、全体の71%にのぼった。

また、全体の58%が、気候変動に関連した家畜の病気が国内で1例以上確認されたと回答した。病気の種別では、ブルータング病、リフトバレー熱、西ナイル熱が最も多かった。ブルータング病は吸血昆虫が媒介し、ヒツジの感染例が多い。リフトバレー熱は主に家畜が感染するが、感染した肉を触るなどすると人間にも感染する。西ナイル熱は、感染した鳥から蚊を媒介として、動物のみならず人間にも感染する。

国連(UN)の「気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、IPCC)」は2007年、気候変動により、病原菌をもつ昆虫の生息域が広がる可能性があるとする報告を行っている。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 国際協力銀、海外展開の中小支援 30億ドル規模融資 | トップページ | 21世紀末の日本、温暖化放置なら被害年間17兆円の試算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/45161731

この記事へのトラックバック一覧です: 気候変動で家畜の病気が増加、人間への危険も 国際獣疫事務局:

« 国際協力銀、海外展開の中小支援 30億ドル規模融資 | トップページ | 21世紀末の日本、温暖化放置なら被害年間17兆円の試算 »