« 21世紀最大の健康への脅威は気候変動、英医師グループが警告 | トップページ | オバマ大統領就任100日 環境面で大きな進展 »

2009/05/15

南極西部の氷床、溶解すれば海面上昇3メートル 研究報告

【5月15日 AFP】地球温暖化の影響で南極西部の氷床が溶解すると、海面が現在より約3メートル上昇し、地球上に大規模な被害がもたらされるとの予測が、14日の米科学誌「サイエンス(Science)」に発表された。

南極西部の氷床が崩壊した場合、従来の予測では海面は5-7メートル上昇するとされていた。これに対し、英国とオランダの研究チームは海面は3.2メートル上がるとして、従来の予測は過大だったと指摘している。

同チームは、南極西部の氷床の形状を新たに測定したデータを使い、海面上昇度を試算。海面が1メートルでも上昇すると、大規模な被害がもたらされるとみている。南半球における重力場が弱まり地球の自転にも影響し、北半球の海面が上昇するという。研究を指導した英ブリストル大(University of Bristol)のジョナサン・バンバー(Jonathan Bamber)氏は、海面の上昇速度や上昇率は場所によって異なるが、上昇率が最大となる北米沿岸では3.2メートルより25%ほど大きくなる恐れがあると述べている。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 21世紀最大の健康への脅威は気候変動、英医師グループが警告 | トップページ | オバマ大統領就任100日 環境面で大きな進展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/45024442

この記事へのトラックバック一覧です: 南極西部の氷床、溶解すれば海面上昇3メートル 研究報告:

« 21世紀最大の健康への脅威は気候変動、英医師グループが警告 | トップページ | オバマ大統領就任100日 環境面で大きな進展 »