« 「新型」致死率、100万人超死亡「アジアかぜ」並み…WHO | トップページ | 21世紀最大の健康への脅威は気候変動、英医師グループが警告 »

2009/05/14

豊かな海洋生態系を誇る「コーラル・トライアングル」、温暖化で今世紀末に死滅も WWF報告

【5月14日 AFP】(写真追加)世界自然保護基金(World Wildlife Fund、WWF)は13日、劇的な温室効果ガス削減を行わない限り、気候変動の影響で、豊かな生態系を誇るアジアの「コーラル・トライアングル(Coral Triangle)」海域が21世紀末までに死滅すると警告した。

WWFが新たに発表した報告書によると、「海のアマゾン」と呼ばれる東南アジアにある広大なコーラル・トライアングルが、海水温度、海面水位、酸性度の上昇によって破壊される危険性がある。この海域のサンゴ礁が死滅した場合、同海域の食物生産は80%減少し、1億人以上の生活が危険にさらされるという。

報告書の主筆者、Ove Hoegh-Guldberg氏は「気候変動への対策が不十分だと、急激な海面水位の上昇で海岸沿いが浸水し、数千万人が住居を失うことになる。食料の安全保障が弱体化し、今世紀末の世界は、ほとんど悪夢のような世界になる」と指摘する。

WWFのコーラル・トライアングル・イニシアティブ(Coral Triangle Initiative)を率いるLida Pet Soede氏は、東ティモール、インドネシア、マレーシア、パプアニューギニア、フィリピン、ソロモン諸島に囲まれたコーラル・トライアングルは、生物多様性にとって必要不可欠な海域だと語る。

「コーラル・トライアングルの一部は、あらゆる魚にとって非常に重要な海域。コーラル・トライアングルを回遊するマグロや、そこで産卵するカメに次の世代が生まれることはないだろう」(Lida Pet Soede氏)

WWFの報告書は、インドネシアのマナド(Manado)で開かれている世界海洋会議(World Ocean Conference)で発表された。世界海洋会議は、気候変動と海洋との関係について協議する初の世界規模の会合で、世界70か国の閣僚や高官が参加している。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 「新型」致死率、100万人超死亡「アジアかぜ」並み…WHO | トップページ | 21世紀最大の健康への脅威は気候変動、英医師グループが警告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/45015574

この記事へのトラックバック一覧です: 豊かな海洋生態系を誇る「コーラル・トライアングル」、温暖化で今世紀末に死滅も WWF報告:

« 「新型」致死率、100万人超死亡「アジアかぜ」並み…WHO | トップページ | 21世紀最大の健康への脅威は気候変動、英医師グループが警告 »