« 生保大手がたばこ業界に多額投資、米調査 | トップページ | 世界銀行レポート 2008年の世界の排出量取引市場 前年の2倍に »

2009/06/05

地球温暖化問題 既に3億人以上に深刻な被害 死亡者も年間30万人以上に

国連のアナン元事務総長が設立した、国際的な人道支援団体「グローバル人道フォーラム」は、5月29日、地球温暖化問題で深刻な被害を受けている人は既に3億人以上に上る という報告書を公表した。
 
今回公表された「人類への影響に関する報告:気候変動-静かなる危機の分析」は、地球温暖化が人類に及ぼす影響を包括的に分析した初めての報告書。同報告書によると、地球温暖化が原因で亡くなる人は、既に、世界中で毎年30万人以上にのぼり、これは、2004年のインド洋津波の死亡者数に匹敵するという。2030年には、地球温暖化が原因で亡くなる人は年間50万人に達すると予測している。
 
また、地球温暖化は、既に、3億2500万人の人々の生活に深刻な影響を及ぼしている。この数は、2030年には6億6000万人と2倍以上に増加する見込み。さらに、地球温暖化による経済的損失は、現在、年間1250億ドルにのぼり、世界の途上国に対する工業国の援助額の合計を上回っている。2030年には、経済的損失が3400億ドルに達すると見られている。
 
中でも深刻な影響を受けるおそれがあるのは最貧国で、特に、サハラ砂漠から中東、中央アジアにかけての半乾燥地域、サブサハラ・アフリカ、東南アジア、南アジア、小島嶼発展途上国のリスクが高いという。
 
アナン氏は、「地球温暖化は、今日、既に、数億人の人々を苦しめる原因となっており、その多くは、自分が地球温暖化の犠牲者であることすら知らない」と述べ、地球温暖化を食い止めるための国際合意の必要性を強く訴えた。

【グローバル人道フォーラム/EIC Net 6/4】

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 生保大手がたばこ業界に多額投資、米調査 | トップページ | 世界銀行レポート 2008年の世界の排出量取引市場 前年の2倍に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/45237625

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化問題 既に3億人以上に深刻な被害 死亡者も年間30万人以上に :

« 生保大手がたばこ業界に多額投資、米調査 | トップページ | 世界銀行レポート 2008年の世界の排出量取引市場 前年の2倍に »