« 米温暖化法案が下院可決、オバマ氏自ら説得 | トップページ | 日本銀行 金融高度化セミナー「新たな業務継続計画 新型インフルエンザ対策」 »

2009/06/28

熱波続きのインド、停電と断水が追い打ち 最高気温は48度に

【6月28日 AFP】インドの北部と東部が連日熱波に見舞われ、さらにモンスーンの到来も遅れている中、首都ニューデリー(New Delhi)では27日、過去数年間で最大規模の停電と水不足が発生した。

停電前、ニューデリーの電力は電気系統が供給できる限界の状態で、停電の被害が最も大きかった地域ではここ数日間、最大で1日10時間の停電となっている。道路の信号や大学施設も停電している上、ニューデリーの国際空港でさえも非常用電源に頼っている状況だ。

停電は水の供給にも被害を与えた。気温は最高で48度にも達し、多くの人がエアコンのついた車の中で眠ることを強いられている。

こうした事態に対し地元住民らは怒りの声を上げ、26日に配電会社前の道路を封鎖して抗議行動を展開。政府に救済措置を要求した。苦情を受け付ける電話相談サービスも機能していないという。

雨期の到来も遅れており、例年なら2週間ほど前に訪れるモンスーンがまだ来ていないため、長い猛暑の夏が終わる頃には湖が干上がることが予想される。このため水不足と農産物被害への懸念が強まっている。

インドでは、北部と東部を中心に熱波による死亡者が続出しており、4月以降の死者は100人を超えている。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 米温暖化法案が下院可決、オバマ氏自ら説得 | トップページ | 日本銀行 金融高度化セミナー「新たな業務継続計画 新型インフルエンザ対策」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/45483476

この記事へのトラックバック一覧です: 熱波続きのインド、停電と断水が追い打ち 最高気温は48度に:

« 米温暖化法案が下院可決、オバマ氏自ら説得 | トップページ | 日本銀行 金融高度化セミナー「新たな業務継続計画 新型インフルエンザ対策」 »