« 世界の排出量取引、倍増 2008年は12兆円、世銀集計 | トップページ | 環境投資で経済活性化を 環境白書 »

2009/06/02

「大量絶滅時代」の恐れ、環境省が初の生物多様性白書

来年10月に名古屋市で開かれる生物多様性条約に関する国際会議(COP10)を前に、政府は2日、初の生物多様性白書をまとめた。

熱帯雨林の伐採や地球温暖化などの影響で、地球上の生物約160万種の多様性が急速に失われつつある「大量絶滅時代」と位置づけ、生物種保護への地球規模での取り組みを訴えている。

白書は「私たちのいのちと暮らしを支える生物多様性」。日本でも爬虫(はちゅう)類や両生類の3割強が、絶滅のおそれのある種に分類されていると指摘している。COP10で議長国を務める日本が、絶滅のスピードを食い止めるための世界共通の目標作りに貢献すべきだとした。

COP10では、熱帯雨林の植物などの遺伝子を利用して先進国の企業が医薬品や食品を開発した際、その利益を原産国に公平に配分する国際ルール作りに取り組むことも盛り込んだ。

(読売 6/2)

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 世界の排出量取引、倍増 2008年は12兆円、世銀集計 | トップページ | 環境投資で経済活性化を 環境白書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/45217332

この記事へのトラックバック一覧です: 「大量絶滅時代」の恐れ、環境省が初の生物多様性白書:

« 世界の排出量取引、倍増 2008年は12兆円、世銀集計 | トップページ | 環境投資で経済活性化を 環境白書 »