« 北極の氷が劇的に減少、NASAの衛星データで判明 | トップページ | 代替エネルギー利用で「緑の革命」 中国南西部の農村 »

2009/07/12

アラル海、3年で8割縮小 かんがいシステム導入で

【7月11日 AFP】 欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)は10日、 カザフスタンのアラル海(Aral Sea)の海岸線が劇的に後退していることを明らかにした。ESAの地球観測衛星「エンビサット(ENVISAT)」がとらえた画像によると、東側の水域は2006年からのわずか3年で80%も縮小した模様だという。内陸の水域としては、かつては世界4位の規模を誇っていた同海だが、半世紀ほど前の旧ソ連時代に綿花栽培のためのがかんがいシステムが導入されたことで同海に注ぐ川からの流入量が減り、海岸線が後退し続けている。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 北極の氷が劇的に減少、NASAの衛星データで判明 | トップページ | 代替エネルギー利用で「緑の革命」 中国南西部の農村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/45617168

この記事へのトラックバック一覧です: アラル海、3年で8割縮小 かんがいシステム導入で:

« 北極の氷が劇的に減少、NASAの衛星データで判明 | トップページ | 代替エネルギー利用で「緑の革命」 中国南西部の農村 »