« 英皇太子邸で「気候変動賞」の授与式 | トップページ | アラル海、3年で8割縮小 かんがいシステム導入で »

2009/07/08

北極の氷が劇的に減少、NASAの衛星データで判明

【7月8日 AFP】北極の氷は2004年の冬季から08年の冬季の間に極端に薄くなり、溶けにくいとされる厚くて古い氷も米アラスカ(Alaska)州の面積ほど縮小しつつある――。こうした研究結果が7日の科学誌「Journal of Geophysical Research-Oceans」に発表された。

米航空宇宙局(NASA)と米ワシントン大学(University of Washington)の科学者チームは、NASAの観測衛星ICESatによる観測データをもとに、北極海の氷の厚さと容積の経年変化を測定した。

測定の結果、氷は年間で17.8センチ、4回の冬季を経て67センチ薄くなっていたことが判明した。さらに、夏季を2回以上経た厚くて古い氷が、この期間に42%、アラスカ州の面積分ほど縮小したこともわかった。

北極の氷床は冬季に成長し、夏季には風や海流の影響で一部が分離し、さらには高めの気温で氷床の大部分が融解する。厚くて分厚い氷は薄い氷に比べて夏季でも溶けにくいと考えられてきたが、近年、夏に失われる氷の量は冬に生成される氷の量を上回るようになってきているという。こうした傾向は、熱を吸収しやすいために海水温が高い開水面で強いという。

研究チームは、こうした氷の厚さや容量の変化の原因は、近年の温暖化や海氷のいびつな循環パターンにあると考えている。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 英皇太子邸で「気候変動賞」の授与式 | トップページ | アラル海、3年で8割縮小 かんがいシステム導入で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/45578253

この記事へのトラックバック一覧です: 北極の氷が劇的に減少、NASAの衛星データで判明:

« 英皇太子邸で「気候変動賞」の授与式 | トップページ | アラル海、3年で8割縮小 かんがいシステム導入で »