« WHO事務局長、新型インフル用ワクチンの早期供給に疑問 | トップページ | セクハラ・パワハラ事例集…「派遣酷書」発表 »

2009/07/17

オーストラリア 地球温暖化のリスクに関する新報告書を公表

オーストラリアのペニー・ウォン気候変動・水担当大臣は、7月9日、これまで考えられていたより早く生じてきていること、また、そのリスクは非常に深刻であることを示す新たな報告書「気候変動2009:早い変化、深刻なリスク」を公表した。
 
この報告書は、ANU気候変動機構のステファン理事長によって準備されたもの。2007年の気候変動に関する政府間パネル第4次報告書以降に得られた知見が紹介されている。
 
報告書での主な発見点は
●これまで考えられていたより早く、気候システムが変わってきていること
●温室効果ガスの効果的な削減が直ちに必要なこと。
●一度、氷床や炭素循環のダイナミクスの閾値を越えると、こうしたプロセスは人間の力では止めたり、元に戻したりできないこと

【オーストラリア環境省/EIC Net 7/9】

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« WHO事務局長、新型インフル用ワクチンの早期供給に疑問 | トップページ | セクハラ・パワハラ事例集…「派遣酷書」発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/45653848

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア 地球温暖化のリスクに関する新報告書を公表 :

« WHO事務局長、新型インフル用ワクチンの早期供給に疑問 | トップページ | セクハラ・パワハラ事例集…「派遣酷書」発表 »