« CO2大量排出の富裕層に削減努力を、米大が提言 | トップページ | 英皇太子邸で「気候変動賞」の授与式 »

2009/07/08

高地へ追いやられるスペインのブドウ畑、温暖化で

【7月7日 AFP】イベリア半島を半砂漠地帯に変えつつある気候変動の影響で、スペインのワイン生産者らは、ブドウ畑をより高度の高い場所へ移転する計画を立てることを余儀なくされている。

スペインはワイン用ブドウの作付面積では世界一だが、同時に気候変動の最前線に立たされていると、サラゴサ大学(University of Zaragoza)のワイン専門家、フアン・フランシスコ・カチョ(Juan Francisco Cacho)氏は指摘する。

スペイン環境省によると、同国は欧州一の乾燥地帯で、気候の「アフリカ化」が見られ、国土の3分の1が「深刻な」砂漠化のリスクに直面している。

ブドウの栽培には太陽が不可欠だが、あまり暑いと、ブドウからは糖分のほかに、香り、硬さ、色をゆっくりと醸成する要素が失われてしまう。

大手ワイナリーとスペインワイン連盟(Spanish Wine Federation)は、こうした危機に対処してブドウをゆっくりと熟成させる方法を模索するプロジェクト「デメテル(Demeter)」を立ち上げている。

有効な解決策の1つとされているのが、「栽培地の高度化」だ。高度が高いと、熱が和らいで夜も涼しいため、ブドウの熟成も改善される。カチョ氏は、「ブドウ生産者は、今後15年以内に、海抜800メートルから1000メートルの間にブドウ畑を作る必要にせまられるだろう。大手メーカーは既に高地の土地を購入し始めている」と話している。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« CO2大量排出の富裕層に削減努力を、米大が提言 | トップページ | 英皇太子邸で「気候変動賞」の授与式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/45569461

この記事へのトラックバック一覧です: 高地へ追いやられるスペインのブドウ畑、温暖化で:

« CO2大量排出の富裕層に削減努力を、米大が提言 | トップページ | 英皇太子邸で「気候変動賞」の授与式 »