« 金融サミットで「トービン税」協議、声明に盛り込む公算=G20筋 | トップページ | G20、「トービン税」で合意ない見通し=メルケル独首相 »

2009/09/22

世界経済不況で温室効果ガス排出は激減、IEA

【9月21日 AFP】世界的な経済不況の影響で温室効果ガスの排出量が減少し、排出量の増加に歯止めがかかっていることが、国際エネルギー機関(International Energy Agency、IEA)が21日にまとめた報告書で明らかになった。

英フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)紙に掲載されたIEA年次報告書「世界エネルギー展望(World Energy Outlook)」抄録の一部によると、2009年の化石燃料による二酸化炭素排出量は過去40年で最大の減少となった。減少幅は、第2次石油ショックによる1981年の不況時を上回るという。

その最大要因は、経済不況下で産業活動が減少したことがあげられるが、ほかにも石炭発電所の新設計画の凍結など、需要の縮小や資金不足による事業計画の棚上げによる影響もある。

また削減量の約25%は、排出量削減に向けた各国政府の規制が功を奏したものだという。

報告書はコペンハーゲン(Copenhagen)で12月に開かれる気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)に先立ち11月に発行される予定で、抄録のみ10月初旬に発表される。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 金融サミットで「トービン税」協議、声明に盛り込む公算=G20筋 | トップページ | G20、「トービン税」で合意ない見通し=メルケル独首相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/46275050

この記事へのトラックバック一覧です: 世界経済不況で温室効果ガス排出は激減、IEA:

« 金融サミットで「トービン税」協議、声明に盛り込む公算=G20筋 | トップページ | G20、「トービン税」で合意ない見通し=メルケル独首相 »