« アルプス氷河の溶解で有害物質が流出、スイス研究 | トップページ | 干ばつ被害の東アフリカ、雨期を目前に大洪水の恐れ »

2009/10/17

アフリカの水がめチャド湖、20年以内に干上がる恐れ

(CNN 10/16) アフリカ・サハラ地域の水がめとして重要な水源になっているチャド湖が、今後20年以内にも干上がると、国連食糧農業機関(FAO)が15日、発表した。チャド湖に依存している最大で3000万人が、危機的な状況に陥る恐れがある。

FAOは米航空宇宙局(NASA)の衛星写真を元に、チャド湖の大きさを分析。1963年には2万5000平方キロと、クウェートよりも大きい米メリーランド州ほどの大きさだった。しかし、2001年には1500平方キロと、5分の1以下まで小さくなった。

チャド湖の水量が減少した理由は、地球温暖化による気温上昇のほか、周辺人口の増加と、これに伴う過剰な放牧、農業地拡大による水需要の急増が指摘されている。

水量だけではなく、漁獲量も6割近く減少。生物多様性が豊かだった周辺地域でも、動植物が大きく減少しているという。

チャド湖はチャドとカメルーン、ニジェール、ナイジェリアの4カ国が接しており、シャリ川とロゴーヌ川が流れ込んでいるが、最近では2本の川の水量減少も顕著だという。

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« アルプス氷河の溶解で有害物質が流出、スイス研究 | トップページ | 干ばつ被害の東アフリカ、雨期を目前に大洪水の恐れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/46504371

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカの水がめチャド湖、20年以内に干上がる恐れ:

« アルプス氷河の溶解で有害物質が流出、スイス研究 | トップページ | 干ばつ被害の東アフリカ、雨期を目前に大洪水の恐れ »