« 初の温暖化対策融資、三井住友が東京製鉄に | トップページ | 「不都合な真実」の続編を発表、ゴア氏 »

2009/11/03

キリマンジャロの氷河は20年以内に消失 米研究

(CNN 11/3) タンザニアにあるアフリカ大陸最高峰キリマンジャロの氷河は、地球温暖化の影響で今後20年以内に消失する可能性があるという。米国の研究チームが山頂で実施した計測調査の結果を、2日の米科学アカデミー紀要に発表した。

これまでのキリマンジャロ調査は航空写真の分析が中心だったが、オハイオ州立大学のロニー・トンプソン教授らのチームは7年がかりの調査で、同山に登頂して氷河を計測。6トンのあまりの機材をかついで登頂し、標高約5890メートルの山頂部分に約2カ月間滞在、氷河の掘削調査などを行った。

その結果、キリマンジャロを覆う氷河は2007年の時点で、1912年に比べて85%も縮小していることが判明。氷雪量は1912年から1953年にかけて毎年約1%ずつ減少していたが、最近になって減少ペースが加速し、1989年から2007年にかけては毎年2.5%のペースで減っていることが分かった。

キリマンジャロでは地球温暖化の影響で降雪量が減り、氷河の分解によってさらに気温が上昇、氷の解けるペースが加速していると研究チームは分析。キリマンジャロだけでなく、アフリカ大陸、南米のアンデス山脈、ニューギニアなどの氷河はすべて消失しつつあるとトンプソン教授は警鐘を鳴らす。

調査にかかわったマサチューセッツ大学のダグラス・ハーディー氏は「氷河の縮小と消失によって、近い将来、経済的、社会的に多大な問題が引き起こされるだろう」と予想している。

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 初の温暖化対策融資、三井住友が東京製鉄に | トップページ | 「不都合な真実」の続編を発表、ゴア氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/46666434

この記事へのトラックバック一覧です: キリマンジャロの氷河は20年以内に消失 米研究:

« 初の温暖化対策融資、三井住友が東京製鉄に | トップページ | 「不都合な真実」の続編を発表、ゴア氏 »