« コペンハーゲン合意 資金メカニズムも焦点に | トップページ | 4都県が排出量取引、共同で制度構想 »

2010/01/02

シャープ、生態系保全へ「格付け」 事業部門や子会社を対象

シャープは事業部門や子会社が自然の生態系への影響をどう抑えようとしているか管理する新手法を導入する。2010年度から各部門の取り組みを点数にして3段階で格付けする。調達、生産、販売といった事業活動の段階ごとに温暖化ガス削減など約30のチェック項目を設け、進ちょく状況を管理する。グループ全体で環境対応を進め、企業ブランド力の向上に生かす。

生態系への影響を抑える「生物多様性保全」と呼ぶ取り組みを管理する。企業の関心は高まっているが、数値評価の仕組みをつくり全社に適用するのは珍しい。

(日経 1/1)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« コペンハーゲン合意 資金メカニズムも焦点に | トップページ | 4都県が排出量取引、共同で制度構想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/47180999

この記事へのトラックバック一覧です: シャープ、生態系保全へ「格付け」 事業部門や子会社を対象:

« コペンハーゲン合意 資金メカニズムも焦点に | トップページ | 4都県が排出量取引、共同で制度構想 »