« 埋め立て地、洪水あった土地履歴マップ公開へ | トップページ | 人類を救うカギは「大量消費」との決別 米シンクタンク »

2010/01/09

UNEP 気候変動問題に関する政府支援戦略を作成

国連環境計画(UNEP)では,低炭素社会を実現する最善の方法について戦略を作成した。この戦略は、国際的なガイダンス、国レベルでの気候変動に関する行動の緊急性、UNEPの技術や経験、任務に適合した3つの優先分野、(1)生態系を基礎とした適応、(2)森林伐採・森林劣化による排出量の削減、(3)クリーン技術開発に分かれている。

(1)については、加盟国に対し、UNEPでは、様々な実証プロジェクトの実施に対する支援を行っている。また、政策や金融に関する障壁を打開することや、生態学的適応措置を国の気候変動・開発・部門別戦略に組み込むことへの支援を準備している。

(2)については、現在、温室効果ガス排出量の約20%が森林伐採・森林劣化によるものであることから,UNEPでは、国連食糧農業機関(FAO)や国連開発計画(UNDP)と協力して、適切な手法やモニタリング、検証システムについての支援を行う国連REDDプログラムを9カ国で実施している。また、UNEPでは、加盟国に対し、国の気候変動・開発・部門別戦略にREDDやREDD+を組み込むことへの支援を準備している。

(3)については,多くの低炭素技術は既に商業的に実現可能となっているが,新しい市場への移転とこうした技術を世界中で利用することが課題として残っている。こうしたギャップを埋めるため,UNEPでは市場メカニズムを通した技術移転を、国連基金やシェル財団やインド銀行と協力してインドで、また、地球環境基金と協力して東アフリカ等で行っている。この他、途上国15カ国で,再生可能エネルギーのマッピング・アセスメントを支援し,25カ国で、クリーン技術の資金調達の背後にある金融障壁等の問題を克服するための支援を行っている。なお、UNEPでは、ビルにおけるエネルギー効率化、自動車エンジンのエネルギー効率化、効率のよい照明,バイオ燃料という4分野について取り組んでいる。

【UNEP/EIC Net】

☆プレスリリース

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 埋め立て地、洪水あった土地履歴マップ公開へ | トップページ | 人類を救うカギは「大量消費」との決別 米シンクタンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/47240627

この記事へのトラックバック一覧です: UNEP 気候変動問題に関する政府支援戦略を作成:

« 埋め立て地、洪水あった土地履歴マップ公開へ | トップページ | 人類を救うカギは「大量消費」との決別 米シンクタンク »