« 三菱重工業、洋上風車に参入 英政府から補助金受け開発 | トップページ | 注目される波力発電、巨大な波のハワイで試行 米企業 »

2010/02/26

温暖化の指標、北極海の「二酸化炭素量」を調査へ 国際2チーム

ロンドン(CNN) 厳寒な北極圏で現在、北極海の海水中に二酸化炭素量を調べようと2つの国際チームが奮闘している。世界各国の研究者などが協力して、北極圏の海中二酸化炭素量を包括的に調査するのは、初めてとなる。

調査を実施するのは、冒険家のチームと、国際的な科学者チーム。冒険家チームは、北極点近くまで50日かけて移動し、氷を掘って海水を採取し、二酸化炭素量を測定する。

科学者チームはカナダ最北のクイーン・エリザベス諸島にあるエルフ・リングネス島で、同様の調査を実施する。

両チームとも、異なる深さから海水を採取する。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によると、空気中の二酸化炭素のうち約3分の1を海水が吸収するため、海水中の二酸化炭素量は地球温暖化の指標ともなる。二酸化炭素が海水にとけると、海水の酸性度が強くなり、海洋生物にも影響を与える。

IPCCによれば、海水の酸性度を示す水素イオン濃度指数(pH)は産業革命前の1750年代と比べ、0.1下がり、酸性度が強くなっている。

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 三菱重工業、洋上風車に参入 英政府から補助金受け開発 | トップページ | 注目される波力発電、巨大な波のハワイで試行 米企業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/47670770

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化の指標、北極海の「二酸化炭素量」を調査へ 国際2チーム :

« 三菱重工業、洋上風車に参入 英政府から補助金受け開発 | トップページ | 注目される波力発電、巨大な波のハワイで試行 米企業 »