« 子どもの視点を広げていますか?[やる気を引き出すコーチング] | トップページ | よりよい親子関係のために~ストレスを減らす3つのヒント~ »

2010/02/14

「なりたい親」におよぼす思春期の親子関係の影響

National Institute of Informatics に掲載の論文。

◆「なりたい親」におよぼす思春期の親子関係の影響

少子高齢化社会をむかえ,父親,母親の役割に対する認識も一昔前と様変わりしている。若者たちは将来自分が親になるとしたら,どんな父親,母親になりたいと思うのであろうか。本研究では,親子関係の葛藤がピークに達する思春期のころ,自分の親をどのように認識していたかということが,「なりたい親」におよぼす影響について検討した。思春期のころの親子関係を振り返り,自分の親と同じように子どもと関わりたいと思うかもしれないし,自分の親は反面教師となり,自分の親のようには子どもと関わりたくないと思うかもしれない。質問紙によって得られた回答を分析した結果,「なりたい親」は自分の親を基準とした親であり,子どもにとって自分の親は「親のモデル」になっていることが示唆された。

〈著者〉 櫻井 登世子・本多 潤子

☆カテゴリー「出産・育児・子育て・教育」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 子どもの視点を広げていますか?[やる気を引き出すコーチング] | トップページ | よりよい親子関係のために~ストレスを減らす3つのヒント~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/47560179

この記事へのトラックバック一覧です: 「なりたい親」におよぼす思春期の親子関係の影響:

« 子どもの視点を広げていますか?[やる気を引き出すコーチング] | トップページ | よりよい親子関係のために~ストレスを減らす3つのヒント~ »