« 注目される波力発電、巨大な波のハワイで試行 米企業 | トップページ | 持続可能性戦略に関する環境対話ポータルサイトを開設 »

2010/02/26

巨大氷山が海流を妨げる恐れ、ペンギンにも影響か

【2月26日 AFP】今月12~13日に南極大陸のメルツ氷河(Mertz Glacier)から分離したルクセンブルクと同面積の巨大氷山が、世界の気候パターンの源となっている海流を妨げる恐れがあると、研究者らが25日、警告した。

この氷山は、面積2550平方キロ、厚さ約400メートルで、シドニー湾(Sydney Harbour)の100倍以上のサイズ。南極大陸東部から南洋に突き出ているメルツ氷河の「舌」(Mertz Glacier Tongue)から分離し、現在オーストラリア・メルボルン(Melbourne)の方角に向かっている。

目に見える影響は数十年単位では現れないものの、低水温の濃密な海水の生産が減速されることによって、北大西洋の冬が今ほど温暖ではなくなる可能性があると、仏豪の共同研究チームは指摘する。

またこの巨大氷山は、南極東部の生物多様性を破壊する可能性があり、この中にはフランスのジュモンジュルビル(Dumont d'Urville)基地付近の皇帝ペンギンのコロニーも含まれるという。

この氷山にはGPSなどの観測装置が設置されており、影響などが詳細に調査されることになっている。

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 注目される波力発電、巨大な波のハワイで試行 米企業 | トップページ | 持続可能性戦略に関する環境対話ポータルサイトを開設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/47671120

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大氷山が海流を妨げる恐れ、ペンギンにも影響か:

« 注目される波力発電、巨大な波のハワイで試行 米企業 | トップページ | 持続可能性戦略に関する環境対話ポータルサイトを開設 »