« 『生き物のための森づくり』~黒姫・アファンの森での取り組み~ | トップページ | テレビやゲームにかじりつく子どもは、家族と疎遠になる 研究結果 »

2010/03/02

アメリカ復興・再投資法が1周年 環境雇用の創出に貢献

アメリカ環境保護庁(EPA)のジャクソン長官は、2月18日、オハイオ州の州都コロンバスにおいて、アメリカ復興・再投資法の一周年を祝う記者会見を行った。同法には、2009年2月17日にオバマ大統領が署名を行っている。
 
アメリカ復興・再投資法に基づき、EPAでは、各州の大気汚染対策、飲料水の保全、土壌浄化といったプロジェクトに71億ドルを補助している。これにより、全国で6750人分の雇用が維持・創出された。ジャクソン長官は、環境雇用や地域コミュニティの環境対策へのEPAの投資は、経済の発展や、繁栄のための基盤づくりに役立っていると評価している。
 
なお、オハイオ州においては、同法によって、7万9000人分の雇用が維持・創出されたという。オハイオ州では、水質汚濁対策に2億2060万ドル、飲料水の安全対策に5846万ドルが助成されるなど、全米でも特に、水質汚濁対策や飲料水の安全対策に多くの助成が行われた。こうしたプロジェクトでは、上下水道設備の改善などが実施された。

【EPA/EIC Net 2/18】

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 『生き物のための森づくり』~黒姫・アファンの森での取り組み~ | トップページ | テレビやゲームにかじりつく子どもは、家族と疎遠になる 研究結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/47702363

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ復興・再投資法が1周年 環境雇用の創出に貢献:

« 『生き物のための森づくり』~黒姫・アファンの森での取り組み~ | トップページ | テレビやゲームにかじりつく子どもは、家族と疎遠になる 研究結果 »