« パパイアに著しい抗がん特性、日米共同研究 | トップページ | 仏独欧、一部デリバティブの投機的取引禁止を呼びかけ »

2010/03/14

東南極を漂流する2つの巨大氷山

【3月13日 AFP】米航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星「アクア(Aqua)」に搭載されたセンサー「中分解能撮像分光放射計(Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer、MODIS)」がとらえた東南極を漂流する2つの巨大氷山、メルツ氷河(Mertz Glacier)から分離した氷舌(左)と氷山B-09B(中央)。この画像はNASAが8日に入手し、10日に公開された。
 
メルツ氷河にB-09Bがぶつかり、今年2月12~13日に長さ約78キロ、幅約39キロとルクセンブルグほどの大きさがある氷舌が分離した。科学者らはこの氷舌が海流を妨げ、地球の気候パターンに変化を引き起こす恐れがあると警告している。B-09Bは1987年に氷河から分離した。

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« パパイアに著しい抗がん特性、日米共同研究 | トップページ | 仏独欧、一部デリバティブの投機的取引禁止を呼びかけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/47813676

この記事へのトラックバック一覧です: 東南極を漂流する2つの巨大氷山:

« パパイアに著しい抗がん特性、日米共同研究 | トップページ | 仏独欧、一部デリバティブの投機的取引禁止を呼びかけ »