« 【コラム】「ソブリンデフォルト」が当局の辞書に登場-Mギルバート | トップページ | ドイツ、再生可能エネルギー100%による電力供給は2050年までに達成可能 »

2010/07/06

イギリス、エコスクール年次会議に2000人以上の子供たちが参加

【イギリス環境・食糧・農村地域省/EIC Net】 イギリス東部の町ビーターボローでエコスクールの年次会議が開催され、2000人以上の子供たちが、ワークショップやアクションに参加した。スペシャルゲストとして参加した環境・食糧・農村地域省のロード・ヘンリー政務次官は、「エコスクールの成功に拍手を送りたい。エコ政府が必要であるのとの同様にエコスクールは必要。子供たちが、この会議で学んだことを、家庭、学校、地域社会に持ち帰り、国全体において環境に配慮した行動を促進してほしい」とコメントを述べた。
 
エコスクールは、イギリス国内では、15年前に設立された国際的な環境教育プログラムの一つであり、環境保護団体「イギリスをきれいに(Keep Britain Tidy)」が運営している既に約15000校が参加しており、8000校以上が認定を受けている。 

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 【コラム】「ソブリンデフォルト」が当局の辞書に登場-Mギルバート | トップページ | ドイツ、再生可能エネルギー100%による電力供給は2050年までに達成可能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/48814400

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス、エコスクール年次会議に2000人以上の子供たちが参加:

« 【コラム】「ソブリンデフォルト」が当局の辞書に登場-Mギルバート | トップページ | ドイツ、再生可能エネルギー100%による電力供給は2050年までに達成可能 »