« 致死率高い鳥インフル、人間に感染しやすい型に変異 | トップページ | 中国の経済、最大の敵は温暖化 最悪なら穀物生産5分の1に »

2010/09/04

アフリカの淡水種20%以上が絶滅の危機、数百万人に打撃

【9月3日 AFP】アフリカの淡水種の5分の1が絶滅の危機に瀕(ひん)しており、アフリカ大陸の数百万人が生活の糧を失う可能性がある。絶滅危惧(きぐ)種を掲載する「レッドリスト(Red List)」最新版でこのような事実が2日、明らかになった。

レッドリストを作成した国際自然保護連合(International Union for Conservation of Nature、IUCN)によると、魚、軟体動物、カニ、トンボ、水生植物などアフリカに生息する5167の淡水種について科学調査を行ったところ、約21%が絶滅の危機に瀕していることが分かった。

例えば、タンザニア、ウガンダ、ケニアにまたがるビクトリア湖(Lake Victoria)では、調査した191の魚類のうち半数近い45%が既に絶滅したか、絶滅の恐れがある。

カメルーンのバロンビムボ湖(Barombi Mbo)では、地元の重要な食糧である魚など11種が絶滅寸前となっている。

アフリカの貧困層の大半は魚を主なタンパク源にしている。サハラ以南では、約750万人が漁業で生計を立てていると考えられている。

そのため、IUCNの担当者は「淡水種の減少を食い止めないと、アフリカの豊かな生物多様性が永遠に損なわれてしまうばかりか、数百万人が収入源や食糧を失うことになりかねない」と警告を発している。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 致死率高い鳥インフル、人間に感染しやすい型に変異 | トップページ | 中国の経済、最大の敵は温暖化 最悪なら穀物生産5分の1に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/49338858

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカの淡水種20%以上が絶滅の危機、数百万人に打撃:

« 致死率高い鳥インフル、人間に感染しやすい型に変異 | トップページ | 中国の経済、最大の敵は温暖化 最悪なら穀物生産5分の1に »