« 「タバコの煙に安全レベルなし」、2~3本でも危険 米報告書 | トップページ | 米カリフォルニア州、 2012年から包括的な排出権取引制度を実施 »

2010/12/11

フェースブックCEO、「財産半分寄付」の富豪プロジェクトに連なる

【12月10日 AFP】フェースブックの共同創業者であるマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)CEOとダスティン・モスコビッツ(Dustin Moskovitz)氏が、マイクロソフト(Microsoft)創業者ビル・ゲイツ(Bill Gates)氏と米投資家のウォーレン・バフェット(Warren Buffett)氏が米国の富豪たちに呼び掛けている「財産の半分を寄付する」プロジェクトに加わることを約束した。

9日の声明で、26歳のセレブ、ザッカーバーグCEOは「キャリアの終盤まで待ってからでないと、みんな富を還元しない。けれどやるべきことがたくさんある時に、何で待つ必要があるだろう?」と言葉を寄せた。

億万長者たちに「資産の50%以上を慈善団体に寄付する」ことを約束させるプロジェクト「Giving Pledge(誓約する)」に、「アメリカで最も裕福な家族」の中から加わったのは、フェースブックの2人で17人となる。プロジェクト全体では家族、個人で57の名前が寄せられている。

CNN創業者のテッド・ターナー(Ted Turner)氏、映画監督のジョージ・ルーカス(George Lucas)氏、米ソフトウエア大手オラクル(Oracle)の共同創設者ラリー・エリソン(Larry Ellison)氏、著名な投資家のT・ブーン・ピケンズ(T. Boone Pickens)氏やカール・アイカーン(Carl Icahn)氏やなどが含まれている。 

サッカーバーグ氏は「自分たちの会社で早くから成功してきた若い世代として、僕たちの多くには人生の早いうちにそれを還元し、自分の慈善による効果を見届ける大きなチャンスがある」と述べている。

☆カテゴリー「持続可能な社会と金融(Finance/Money) 」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me !!Blog_ranking_2

|

« 「タバコの煙に安全レベルなし」、2~3本でも危険 米報告書 | トップページ | 米カリフォルニア州、 2012年から包括的な排出権取引制度を実施 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェースブックCEO、「財産半分寄付」の富豪プロジェクトに連なる:

« 「タバコの煙に安全レベルなし」、2~3本でも危険 米報告書 | トップページ | 米カリフォルニア州、 2012年から包括的な排出権取引制度を実施 »