« 世界銀行、排出権市場支援の新たな取り組みを発表 | トップページ | 「タバコの煙に安全レベルなし」、2~3本でも危険 米報告書 »

2010/12/10

子どもの「受動喫煙」、メンタルヘルスに悪影響=英研究

[ニューヨーク 9日 ロイター] 親など周りにいる人がタバコを吸うことで「受動喫煙」にさらされる子どもは、そうでない子どもに比べて精神面で問題が多くなる傾向が、英国で実施された研究で明らかになった。
 
ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)のチームは、英国に住む4─8歳の子ども901人を対象に、唾液などから受動喫煙の度合いを調べたほか、子どもの親にアンケートを実施。その結果、平均すると、受動喫煙の量が多い子どもほど、多動性障害や行為障害など精神的な問題を抱える傾向にあることが分かったという。

研究を主導したUCLのマーク・ヘイマー氏は、今回の研究は、喫煙者の親に対し、禁煙または屋外での喫煙をさらに促す結果になったと指摘した。

ただ、受動喫煙が子どもの精神面にどのように悪影響を及ぼすのかは明確でないとし、さらなる研究が必要だと述べた。

☆カテゴリー「出産・育児・子育て・教育」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 世界銀行、排出権市場支援の新たな取り組みを発表 | トップページ | 「タバコの煙に安全レベルなし」、2~3本でも危険 米報告書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/50258395

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの「受動喫煙」、メンタルヘルスに悪影響=英研究:

« 世界銀行、排出権市場支援の新たな取り組みを発表 | トップページ | 「タバコの煙に安全レベルなし」、2~3本でも危険 米報告書 »