« 狙われる「CO2排出取引」、システムの国別管理がハッカーの標的に | トップページ | 中国北部の水不足懸念広がる、北京は3か月まとまった雨なし »

2011/01/23

宮崎・新富町の鶏からも鳥インフルウイルス

宮崎県の高病原性鳥インフルエンザ問題で、農林水産省と同県は23日、同県新富町の養鶏場で死んだ鶏から鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。

県は、この養鶏場で飼う6万6000羽を殺処分する。近隣の7養鶏場も感染の恐れがあるとして、計46万羽の殺処分も検討している。

また、この養鶏場から半径10キロ圏を移動制限区域に指定し、鶏や卵の出荷などを禁止した。家畜の鳥インフルエンザの感染判明はこの冬3例目で、宮崎県では22日に続き2例目。

(2011年1月23日21時59分 読売新聞)

◇鳥インフル:北海道で新たに野鳥4羽強毒性

感染個体の発見場所に通じる道路に消毒用の石灰をまく浜中町職員ら=北海道浜中町で11年1月23日、山田泰雄撮影 北海道浜中町の国指定厚岸・別寒辺牛(べかんべうし)・霧多布(きりたっぷ)鳥獣保護区内で野生のオオハクチョウから強毒性の高病原性鳥インフルエンザが確認された問題で、環境省は23日、周辺で回収した4羽の野鳥から新たに同型のウイルスを検出したと発表した。同省は感染状況の確認のため、24日から同保護区内で野鳥のふんの採取を始める一方、釧路湿原や知床を含む周辺5保護区でも監視態勢を強化する。

新たに確認されたのはオオハクチョウ2羽、カモ1羽、オナガガモ1羽。22日に感染が判明したオオハクチョウが発見された近辺で今月12~21日に回収されていた15羽のうちの4羽で、簡易検査では陰性だったが、北海道大の確定検査で陽性反応が出た。5羽ともウイルスの遺伝子が完全一致しているといい、感染源は同一だった可能性が高いという。

また道は23日、1例目の感染判明を受けて発見場所から半径10キロ以内にある養鶏施設4カ所(計80羽)を立ち入り調査し、異常がなかったことを確認した。

同保護区は渡り鳥の大規模な飛来地で、毎年約1万羽のオオハクチョウが飛来する。発見場所に通じる同町の道路の入り口2カ所ではこの日、石灰散布による消毒措置が取られた。同日昼からは同省職員らが発見場所の半径10キロ以内を巡回。火散布沼でホオジロガモ1羽の死骸が浮いているのを発見したが、感染リスクの高い種ではなく、場所も水上のため回収は断念した。【毎日新聞 1/23】

◆感染列島(DVD) Standard Edition

◆感染列島×LMDP 緊急セミナー

◆知識のワクチン 新型インフルエンザ予防マニュアル

◆NHKスペシャル シリーズ 最強ウイルス DVD-BOX

◆新型インフルエンザを迎え撃つ「3種のワクチン」

◆新型インフルエンザ・クライシス(本)

◆市民のための新型インフルエンザ対策ガイドライン(小樽市保健所)

◆米国政府・パンデミックインフルエンザ・ホームページ

★Xデーにそなえる新型インフルエンザ完全対策ブック

★H5N1-強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオ★

★新型インフルエンザXデーガイドブック(Web)

★新型インフルエンザ対策関連情報(厚生労働省)

★国立感染症研究所・感染症情報センター

★「新型インフルエンザ対策ガイドライン(フェーズ4以降)」(厚生労働省)

★新型インフルエンザに関するQ&A(厚生労働省)

★鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 狙われる「CO2排出取引」、システムの国別管理がハッカーの標的に | トップページ | 中国北部の水不足懸念広がる、北京は3か月まとまった雨なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎・新富町の鶏からも鳥インフルウイルス:

« 狙われる「CO2排出取引」、システムの国別管理がハッカーの標的に | トップページ | 中国北部の水不足懸念広がる、北京は3か月まとまった雨なし »