« テレビの見過ぎで子どもの心疾患リスクが増加、豪研究 | トップページ | 植物プランクトンから作る「未来の燃料」、CO2も吸収 スペイン »

2011/04/22

南半球の豪雨はオゾンホールが原因、米研究

【4月22日 AFP】米コロンビア大学(Columbia University)の研究チームは21日、過去50年間のオゾン層と気象データを分析した結果、南極上空のオゾン層が気候変動の重要な要因となって、南半球で降雨を増加させていたとする論文を米科学誌「サイエンス(Science)」に発表した。

極域でのオゾン層破壊と赤道付近にまでいたる地域の気候変動を関連付けた研究は初めて。研究チームは、世界各国の気候変動政策において、北極での氷床溶解や温室効果ガスの問題と同様に、オゾン層の問題も考慮する必要があると訴えている。

オゾンホールの存在が明らかになったのは1980年代。フロンガスの多用が原因だったことから、1989年にはクロロフルオロカーボン(CFC)など、オゾン層を破壊するおそれのある物質を規制するモントリオール議定書(Montreal Protocol)が発効。196か国が締約した。

オゾンホールは2050年ごろまでに消失するとみられているが、コロンビア大の研究者たちは、オゾンホールの問題が解決したわけではないと警告する。

コロンビア大の研究チームは、カナダの中層大気モデルと米国立大気研究センター(National Center for Atmospheric Research、NCAR)による地域大気モデルを参照した。

4つの実験で海氷、地表温度、降水量、オゾンホールに関するデータを比較分析した結果、オーストラリア東部、インド洋(Indian Ocean)南西部、南太平洋収束帯(Southern Pacific Convergence Zone)で夏季にみられる豪雨には、オゾンホールが関連していることが分かった。

研究チームの1人、ロレンゾ・ポルバーニ(Lorenzo Polvani)氏は、「われわれの研究はオゾンホールの影響が広範囲に及ぶことを示した。気候システムにおいて、オゾンホールは大きな役割を果たしている」と話す。

今後も研究チームは、各地で大規模洪水や地滑りなどの被害をもたらしている「異常な降水現象」について調べる計画だという。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆海面上昇シミュレーション Flood Maps あなたの街は何mの海面上昇で水没?

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« テレビの見過ぎで子どもの心疾患リスクが増加、豪研究 | トップページ | 植物プランクトンから作る「未来の燃料」、CO2も吸収 スペイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/51467098

この記事へのトラックバック一覧です: 南半球の豪雨はオゾンホールが原因、米研究:

« テレビの見過ぎで子どもの心疾患リスクが増加、豪研究 | トップページ | 植物プランクトンから作る「未来の燃料」、CO2も吸収 スペイン »