« 「住民の苦しみは長い年月に及ぶ」、来日したチェルノブイリ被災者が語る | トップページ | 子供を産まなかったら現金を支給、人口抑制と母子の健康増進 インド »

2011/04/29

ゼオライト使用、低コストで二酸化炭素分離膜

長岡技術科学大(新潟県長岡市)の姫野修司准教授が、企業との共同研究で、温室効果ガスとされる二酸化炭素(CO2)だけを気体の中からほぼ分離する膜の開発に成功した。

この膜を利用して大規模なCO2回収・再利用技術を確立する研究が、国の最先端・次世代研究開発支援プログラムに採択。姫野准教授は、2015年春までの実用化を目指し、県内天然ガス田での利用などを検討していく考えだ。

開発した薄膜は、放射性物質の吸着剤としても注目される、ゼオライトと呼ばれる物質を使用。ケイ素とアルミニウム、酸素が格子状に並んだ結晶を持っており、これを薄く合成することで作られた。

非常に微細な穴が、CO2を通しやすい構造になっており、この膜を使えば、エネルギーをほとんど使わずに、低コストでCO2の回収が可能という。

現在、長さ約1メートルのレンコン状の円柱形通気材料などの開発を進めている。姫野准教授は、このサイズであれば1本で1日2トンのCO2回収が可能と見込んでいる。

国のプログラムには2月に採択され、4年間で大学が約1億5000万円の補助を受ける。企業4社とも協力して研究しており、下水処理場で汚泥などから発生するガスを用いた実証実験が進んでいる。

大型化には技術的な課題があるが、CO2回収に要するエネルギーは従来の5分の1程度で済むという。

姫野准教授は「全国最大のガス田地帯である新潟の特性も生かして実用化させ、CO2削減に貢献したい」と話している。

☆カテゴリー「地球環境問題・気候変動」

☆海面上昇シミュレーション Flood Maps あなたの街は何mの海面上昇で水没?

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 「住民の苦しみは長い年月に及ぶ」、来日したチェルノブイリ被災者が語る | トップページ | 子供を産まなかったら現金を支給、人口抑制と母子の健康増進 インド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/51528607

この記事へのトラックバック一覧です: ゼオライト使用、低コストで二酸化炭素分離膜:

« 「住民の苦しみは長い年月に及ぶ」、来日したチェルノブイリ被災者が語る | トップページ | 子供を産まなかったら現金を支給、人口抑制と母子の健康増進 インド »