« 直下型地震リスクにもっと注目を、英専門家が警鐘 | トップページ | スイス、2034年までに「脱原発」を閣議決定 »

2011/05/27

1世紀以内に海面が最大1メートル上昇、豪研究

【5月26日 AFP】地球温暖化により1世紀以内に海面が最大1メートル上昇し、現在では「100年に1回」規模の沿岸部の洪水がもっと頻繁に起こるようになると指摘する研究結果を、オーストラリア政府の気候変動委員会が発表した。

報告をまとめたウィル・ステフェン(Will Steffen)氏は、「世界の海面は2100年には、1990年のレベルから0.5~1メートル上昇するだろう」と述べた。

「気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、IPCC)」では、2007年に海面上昇は0.8メートル以下と予測しているが、同発表ではもっと高い値になる場合もあるとされていたため、今回の研究結果と矛盾することはないと同氏は述べている。それから5年が経つ今回の報告は最新の気候科学に基づいた上、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)および気象庁の専門家らの査読も受けている。

ステフェン氏は「巨大な氷床の変化についても、以前よりも明らかになっている。特にグリーンランドの氷塊の容積が減っていること、その減少のペースに拍車がかかっていることもだ。従って(海面上昇の予測の)上限を引き上げる必要がある」と説明した。報告書によると、0.5メートルの海面上昇でもその影響は驚異的に大きい。

海面が0.5メートル上昇した場合、オーストラリアを例にとればシドニー(Sydney)やメルボルン(Melbourne)といった沿岸部の大都市圏で浸水被害が発生するような事態が増える恐れがある。「100年に1度」規模の大災害が毎年起こるような可能性もあり、「最悪でも2020年までに、温暖化ガスの排出量のグラフを増加から減少に転じさせることが不可欠」だと同氏は警告した。

またステフェン氏は、オーストラリアで近年、森林火災や干ばつ、サイクロンの発生などが増加していることについても、気温上昇の影響が考えられると指摘した。オーストラリアで猛暑を記録した日は過去50年間で2倍以上増えており、熱波や森林火災の起きやすい環境になっている。

☆千葉県液状化危険度予測図(平成19年度地震被害想定調査)

☆埼玉県液状化の予測(6-13p)

☆神奈川県・南関東地震の液状化想定図

☆東京都液状化予測図

☆海面上昇シミュレーション Flood Maps あなたの街は何mの海面上昇で水没?

☆カテゴリー「地震・災害・防災・安全」はこちら

☆東京マグニチュード8.0(フィルムコミック)

☆東京マグニチュード8.0 第5巻 [DVD]

☆洪水で東京が水没するリスク

☆荒川の堤防もし決壊したら、最大240万人浸水被害

☆洪水氾濫シミュレーション

☆温暖化と軟弱な低地に住むリスク

☆地下浸水の危険に備えよ!

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 直下型地震リスクにもっと注目を、英専門家が警鐘 | トップページ | スイス、2034年までに「脱原発」を閣議決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/51778360

この記事へのトラックバック一覧です: 1世紀以内に海面が最大1メートル上昇、豪研究:

« 直下型地震リスクにもっと注目を、英専門家が警鐘 | トップページ | スイス、2034年までに「脱原発」を閣議決定 »