« 子育てや教育にお金がかかりすぎる日本、如実に | トップページ | 人類は地球を「造り変えた」か? 新たな時代区分「アントロポセン」 »

2011/05/21

最古のほ乳類は嗅覚が発達していた、米研究

【5月20日 AFP】これまでに知られている中で最古のほ乳類2種の頭骨をCTスキャンしてみたところ、脳は大きく、嗅覚(きゅうかく)をつかさどる部位がよく発達していたとする研究成果が、19日の米科学誌サイエンス(Science)に発表された。

米テキサス大学オースティン校(University of Texas at Austin)などの研究チームは、中国のジュラ紀の化石層で発掘されたトガリネズミに似た2種に着目した。約1億9000万年前に生息していた「モルガヌコドン(Morganuocodon)」と「ハドロコディウム(Hadrocodium)」だ。

CTスキャンを使って頭骨の内部を再現してみると、鼻腔とこれに関連する部位、においを分析する脳の部位がいずれも大きいことが分かった。鋭い嗅覚を持っていたことを示している。

また、2種とも、道を探したり敵を避ける時に毛皮をセンサー代わりに使っていたとみられる。

以上のことから、研究チームは、ほ乳類の脳は3段階で進化したと考えている。まず嗅覚が発達し、次に体毛の触覚が発達し、最後に「筋肉を上手に動かすための」脳の協調が発達したというのだ。 

化石をCTスキャンで分析するこのプロジェクトは、過去10年間で初期のほ乳類化石十数種と現生種200種以上を対象にした。画像は以下のサイトで見ることができる。 

【参考】プロジェクトのサイト(英語)

☆カテゴリー「人類・人間・生物・自然」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 子育てや教育にお金がかかりすぎる日本、如実に | トップページ | 人類は地球を「造り変えた」か? 新たな時代区分「アントロポセン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/51732556

この記事へのトラックバック一覧です: 最古のほ乳類は嗅覚が発達していた、米研究:

« 子育てや教育にお金がかかりすぎる日本、如実に | トップページ | 人類は地球を「造り変えた」か? 新たな時代区分「アントロポセン」 »